横浜でマンション修繕をしたこと

きれいになったマンションを見て満足

マンション修繕をする場合は外壁と屋根の雨漏り修理が中心 : どのような修繕をしているのか : きれいになったマンションを見て満足

外壁のチェックをしてみたところ、大きなひび割れはありませんでしたか細かいひび割れなどを発生していました。
現在のところ壁の内側劣化していませんでしたが、これからその状態が長く続くとひび割れが少しずつ大きくなり内部に水が染み込んでしまうとのことです。
少しぐらい水が染み込んでも問題ありませんが、これが数年間に及ぶと、もう少しお金がかかってしまうため早めに修理をしておいてよかったですねと言われました。
確かにその通りだと思った私は、自分が選択したマンション修繕のタイミングは間違いでないことに気がついたわけです。
次に、外壁塗装を行うことになります。
もともと、アイボリーのマンションでしたが、少し雰囲気を変えるために薄いグレーの色にしようと思いました。
なぜその色にしようと考えてかは、汚れが目立ちにくいからです。
アイボリーだと、ホワイトに近い色になりますので、時間の経過とともに汚れが目立ってきます。
もちろん、ホワイトに比べるとそこまで目立ちませんがやはり長期的に考えた場合汚れが目立ちにくい色の方が賢いと感じました。
使う塗料もいろいろありましたが、耐用年数が20年ほどのものを利用してもらいました。
お金はかかりましたが、次のマンションの修繕まで20年間は何もしなくてよいため安心です。
ただ、20年の耐用年数といえども状況によっては延期したり逆にそれより短いスパンでマンションの修繕をしなければならないこともあるとのことでした。
最後に、防水工事をして終了になります。
防水工事自体は、それほど手間がかかったわけではありませんがそれなりの時間もかかり最終的にすべて終えるまでに3カ月以上の時間がかかってしまいました。
それでも、きれいになったマンションを見て私は満足しています。

マンション修繕 横浜東京・神奈川・横浜のマンションの大規模修繕・改修業者は横浜のアイシン